コモチミカドヤモリの飼い方

コモチミカドヤモリの飼い方

コモチミカドヤモリの飼い方

特徴

点 飼育:簡単
点 寿命:約30年
点 体長:30cm
点 温度:25℃~32℃
点 環境:湿気を好み木の上で生活する
点 触れ合える
点 尾は再生する
点 手に入りにくく、繁殖は不可能

コモチミカドヤモリを飼ってみよう!

大きくて神経質なトカゲです。 "湿度"と"栄養"に気をつけていれば、飼育は簡単です。体も丈夫で、温度管理も適当でいいので楽です。ただ、繁殖は非常に難しいです。
飼育は楽なので、コモチミカドヤモリも初心者向きのトカゲだと思います。

いちおう触れ合うことも出来ますが、おとなしい子、すぐ怒る子など個体差が激しいです。クセのある性格をしている子が多いので、飼う前にしっかりと店員さんに世話のコツを聞いておきましょう。

コモチミカドヤモリの世話をしよう!

ミカドヤモリを飼う時に大事なポイントが2つ。
「湿度管理」と「栄養」です。
この二つをきちんとしないとトカゲは体調をくずしますが、霧吹きと人工飼料を使えば管理は簡単です。成長はゆっくりなので、のんびり育てたい方向けです。

エサをやる

コオロギやピンクマウス・・・何でも食べますが、栄養のしっかりした専用エサがあるので、それを与えましょう。健康に一番いいです。
専用エサは粉なので、カルシウムを追加しつつ、水に溶かしてゼリーにしたり団子にしたり、トカゲが好きな固さにして与えましょう。よく食べると思いますが、もし食いつきが悪いときは、粉を100%フルーツジュースで溶かしてみてください。それでも食べないときは、わざと2,3日水を与えず、のどがかわいた頃にゼリーを与えてみましょう。

正直言って、専用エサがあるおかげでエサやりはとっても楽です。これにカルシウムを添加するだけで、虫に触らなくてもいいし、保存も効くし、よく食べるし、トカゲも健康ですくすく成長します。

幼いうちはエサを毎日与えましょう。体長15cmくらいになれば、エサは週3回くらいでよくなります。専用エサを使ってもカルシウム不足にはなりやすいので、カルシウムだけはしっかり添加しましょう。たまに外に出して、動きがおかしくないか、ジャンプできるかなど見てやってください。
矢印 》専用エサを探す!
矢印 》カルシウム添加剤を探す!

水を与える

ミカドヤモリにしては珍しく、水入れが必要です。
丈夫で重く、体が入るくらい大きい水入れを置いておくと、泳いだり漬かったりします。

矢印 》水容器を探す!

湿度と温度

温度は25℃~35℃くらいが適温で、40度以上だと暑すぎ、20度以下だと寒すぎです。日本では真夏と冬以外そんなに気温を気にしなくてもいいです。トカゲがよく居る高さに温度計を入れ、寒かったらケージの下にパネルヒータを敷き、暑かったらケージを涼しい場所に移動させましょう。

温度は適当でもいいですが、湿度管理はしっかりしてください。トカゲが幼いうちは濡らした水ゴケを床に敷き、トカゲの体にかけないよう注意しながら毎日ケージ全体に霧吹きしましょう。トカゲの水分補給にもなります。大人になったら床材はヤシガラに替えてもいいですが、水ゴケのままにしておいたほうが脱皮はスムーズです。
旅行などで家を開けるときは、園芸用の自動水やり器などを利用しましょう。とにかく湿度が足りないと、脱皮が出来ず、しっぽが切れたりするので、しっかり管理したいところです。

掃除をする

専用エサを与えていれば、フンの掃除も楽です。
壁についた糞をふき取るだけできれいになります。
湿度を保つためケージが汚れます。月一くらいでしっかりケージを洗って熱湯殺菌したほうがいいかも?

まとめ

必ずやること:
1.毎日トカゲにかからないよう霧吹きで水を与える。
2.カルシウムをしっかり添加したエサをやる。
3.フンをとりのぞき、月に一度くらいはケージを丸洗いする。
4.温度を25℃~35℃に保つ。

やったほうがいいこと:
5.水ゴケを使ってウェットポイントを作る。

ミカドヤモリの家を作る!(必ず必要なもの)

ゲージ
60.5×30.5×35cm
税込:16,971円
矢印 ケージ

ケージは幅60cm×奥行き30cm×高さ30cmくらいの大きさで十分ですが、大きければ大きいほど良いでしょう。湿度を保つことが大切なので、風通しのよいケージは避け、天井が網になっているタイプのものを選びましょう。
矢印 》ケージを探す!


ハスクチップ
税込:592円
矢印 床材

湿度管理が楽なので、水ゴケやキッチンペーパーがおススメ。キッチンペーパーを重ねてしいておき、汚れたら一枚めくるだけで清潔に。霧吹きで湿らせれば保湿にも役立ちます。
ヤシガラを使う場合は、底から中ほどまでを湿らせ、表面が乾いているようにします。つがいの場合は勝手に交尾して卵が死んでしまう事があるので、注意しましょう。
矢印 》床材を探す!
矢印 》キッチンペーパーを探す!


保温ヒーター
25×20cm
税込:6,450円
矢印 保温

25℃~35℃くらいに保てれば大丈夫。
フィルムヒーターがひとつあれば十分です。
おススメは28℃くらい。ケージ全体を暖めるのではなく、ヒーターの無い部分も作っておきましょう。自動で温度管理をしてくれるサーモスタットなどを利用すると飼育が楽でしょう。
矢印 》パネルヒーターを探す!


スプレー容器
税込:198円
矢印 霧吹き

毎日霧吹きして湿度を保ちましょう。
そのまま飲み水にもなるので、必要です。
霧吹きするときは、トカゲの体に水がかからないようにしましょう。
矢印 》スプレー容器を探す!


シェルター
19×18×13cm
税込:1,225円
矢印 シェルター

木の上で過ごすトカゲなので、流木や木の枝を入れておきましょう。
シェルターがあると登ったり隠れたりと運動になり、エサをよく食べるようになります。シンプルで掃除しやすい配置にしましょう。
矢印 》シェルターを探す!

ミカドヤモリの家を作る!(用意した方が良いもの)
矢印 温度、湿度計

トカゲの健康管理に役立ちます。
トカゲが居る高さに設置しておきましょう。
矢印 》温度・湿度計を探す!


ウェットシェルター
15×12×9cm
税込:738円
矢印 ウェットシェルター

床材に水ゴケを使っていない人は、ケージの片すみに濡らして軽くしぼった水ゴケを入れたウェットシェルターを作っておくと、脱皮が楽になります。消臭、抗菌効果もあります。乾いたら霧吹きなどでつねに湿らせておきましょう。
湿度管理にも役立つので、入れておくことをおススメします。
矢印 》ウェットシェルターを探す!


サーモスタット
税込:4,065円
矢印 サーモスタット

自動で温度管理をしてくれるので、飼育が楽になり、またヒーターが不要なときは勝手に電源が落ちるので、電気代の節約にもなります。冬の保温に、ぜひヒーターといっしょに買っておきたい便利グッズです。
矢印 》サーモスタットを探す!

コモチミカドヤモリと触れ合おう!

個体差が激しいので、最初から触れ合える性格の子を飼うと楽です。
幼いうちからこまめに触れ合い、慣らしておくことが大事。
うっかり落とすと大変なので、まずケージの前に座りましょう。そして、下からすくうようにトカゲを手に乗せます。このとき、体を掴みあげたり背をなでたりしてはいけません。トカゲがビックリしてしっぽが切れてしまいます。
うまく手の平に乗せたら、動きに合わせて次々と手を差し出してください。行きたい方向に手を出してあげるのがポイントです。

触れ合っている間、噛まれないように注意しましょう。口に手を持っていかなければ基本的には噛まれません。ついでに健康チェックもできます。歩くときに体がナナメになっていたり、くるくる回っていたら病院に連れて行きましょう。

トカゲは触られるのが嫌いです。
あまりストレスを与えないよう、やさしく扱ってあげてください。

コモチミカドヤモリの選び方

健康

ミカドヤモリは指が多いなどの奇形がいますが、飼育に問題はありません。 ほかと比べて体が大きいトカゲもおススメ。親から健康な体をもらい、エサをたくさん食べている丈夫なトカゲである可能性が高いです。
また、動きで健康を知ることもできます。くるくる回っていたり、体が傾いているトカゲは病気の可能性が高いので避けましょう。

性格

個性的というか、クセのある子が多いです。店員さんに、しっかり性格を聞いておきましょう。「何日おきに」「何のエサをどれくらい」与えていたのか、今までどうやって育てていたのか聞いておくと失敗が無いです。

性別

オス?メス?
共食いするので、オスメス関係なく、絶対に一匹で飼わなければなりません。
そもそも飼育例も少ないトカゲです。繁殖は諦めて下さい。

繁殖

コモチミカドヤモリは、繁殖に向いていないです。
子供が生まれても親に食べられてしまうため、コモチミカドヤモリを飼うなら繁殖は諦めて下さい。

病気紹介

ミカドヤモリは、なぜ病気になるのかなぜ死ぬのか、ちょっとわからない生き物なので、病気になったらすぐに病院に任せた方が良いです。それでも良くならないこともあるので、病気になったら覚悟しておきましょう。

点 エサを食べない(拒食): 季節の変わり目や、繁殖の時期にエサを食べなくなるのはふつうのことです。 それ以外の時に食べなくなるのは、ストレスが原因か、もしくは今のエサに飽きて食べたくないだけでしょう。あまり触れ合わないようにして様子を見て、それでも食べなければエサをコオロギやマウスに変えてみてください。食べるものが見つかったら、しばらくそれを与え、再び栄養の良い専用エサに切り替えましょう。

点 フロッピーテール: しっぽの付け根がくぼみ、しっぽがひょろひょろになります。 トカゲが逆さまに張り付いたとき、しっぽがへろっとしていたらこの病気。ほおって置くとしっぽはどんどん変形していきます。
原因は、なんとケージのレイアウトが気に入らないから。このケージは嫌だ!と思ってケージに逆さまに張り付くようになり、尾が変形してしてしまうようです。 こうなったら、とにかくケージのレイアウトを変えて、カルシウムとミネラルをたっぷり与えましょう。一度変形してしまうと、治らないので、これ以上変形しないよう手を尽くすしかありません。

点 通風: 手足がむくみ、動けなくなります。動きもおかしくなり、細かく震えていたり、ふらふらしていたり、頭が重そうにへばっていたりします。
原因は水不足。水をきちんと飲めていない可能性があります。エサの水分を多めにする、または霧吹きでケージ内にたくさん水滴を作るなどして、水分補給させてあげましょう。最悪死ぬこともある病気ですので、早めに対応したいところです。

点 むくみ: 通風とは別に、温度が高すぎたり低すぎたりしても体がむくんでしまいます。
温度を28℃くらいにキープすると、自然にもとにもどります。

点 クル病: 足が動かなくなったり、口が変形したりします。
原因はカルシウム不足。すぐにエサに混ぜるカルシウムの量を増やして下さい。 症状がひどいときは、出来るだけ早く病院に連れて行きましょう。完治はしない病なので、ふだんの食事、特に出産前後はカルシウムをたっぷり与えて下さい。

矢印ミカドヤモリ一覧に戻る

↑ PAGE TOP